So-net無料ブログ作成

H26銅版画工房展に出展しました。 [銅版画]

昨年の12月に、コバルト画房主催の銅版画工房展が開催されました。
なかなか作品づくりが進まず、今年も産みの苦しみがありましたが、
なんとか2作品を出展することができました。
今回は、ドライポイントという、ニードルやカッターで直接銅版を傷つける手法にチャレンジ。

P1020885.JPG
「満月」
P1020884.JPG
「香箱」
という2作品です。
新しい技法へのチャレンジなので、刷り上がるまでどのように仕上がるかわかりません。
何度かやり直しての完成となりました。

やっぱりチャレンジは楽しいなぁ。

今年もがんばります!

銅版画展、終了しました。 [銅版画]

先週末、今年の銅版画展が終了しました。
一昨年お休みし、ひさしぶりの作品づくりでしたが、今年はじっくり取り組めてよかったです。
作品も腐食がうまくいかずやり直したものもあり、まぁまぁの出来です。
P1010458.JPG
コロボックル 邂逅

P1010457.JPG
コロボックル 疾風

P1010456.JPG
コロボックル 擬態

という「ソフトグランド」という技法を使った3作品。
佐藤さとるの「コロボックル物語」をテーマにしました。
小学生の時に何度も読み返したお気に入りの物語です。
今年、図書館で借りてあらためて読み返してみると昔とかわらずたいへん面白く、物語の世界に浸りこんでしまいました。
作品「コロボックル 擬態」は、敵に出会ったコロボックルが赤い帽子をかぶってキノコのふりをしてやりすごそうとしているシーンを描いたものです。
これは、ゴーイングマイホームというドラマからアイデアをいただきました。

いずれも額つきで4千円、シートのみ千円です。


銅版画展開催中 [銅版画]

昨年はお休みしてしまいましたが、今年は銅版画、つくりました。
展覧会開催中です!
さいたま市浦和区のコバルト画房にて。
来週末14日土曜日まで開催してます!!
P1010455.JPG

平成22年度 銅版画展作品のご紹介 [銅版画]

先週土曜日、今年の銅版画展が終了しました。
今年はなかなか作品づくりに入れず、辞退も考えましたが、作りはじめると楽しくて。
今回はソフトグランドという初めての技法に挑戦。
銅板の上の柔らかい膜の上にトレーシングペーパーをのせて鉛筆で絵を描き、その筆跡を腐食するという方法です。(わかんないですよね〜)
今回は5作品つくりましたが、満足できたのは3作品。
まぁ、百聞は一見にしかず。
はたはた.jpg
干物(はたはた)
膜の厚みが不均一だったため、下半分は腐食しましたが、上半分は腐食しなかったため、上半分はニードルで線を引きました。不完全だ〜。
あじ(小).jpg
干物(あじ)
しっぽが切れてしまいました。
完全にレイアウト失敗。
いわし.jpg
干物(いわし)
展示した作品です。
よくできました〜。
あじ.jpg
干物(あじ)
先の失敗を教訓に、レイアウトに配慮。
上手く納まりました。
エッチングとちがうソフトグランドの柔らかい筆感がでてきるなと思いました。
こんな方法もあるんだな〜と、改めて実感。面白い。
するめ.jpg
干物(するめ)
筆跡の周りにあるぼかしは、なぜこんなになったかは不明な効果ですが、これがよかった。
銅版画はこんな予測不能な効果がでるから面白いんです〜。
来年はもうちょっと銅版画づくりの時間がとれるといいなぁ。

平成22年 銅版画展スタート [銅版画]

今年も、コバルト画房主催の銅版画展に出展中です。
浦和の柳沢画廊で開催しています。
P1090333.JPG
10月は仕事に追われて作品がつくれず、辞退も考えましたが、送られてきたダイレクトメールには、先頭に名前があるし、裏には作品制作中の豆腐小僧の写真が載ってるし・・・。
こりゃ、出展しないわけにはいかない。。。
しかし、作品のアイデアが浮かばず、開催一週間前になってしまいました。
今回はソフトグランドを使って素描風に仕上げよう。
そう決めて、会社帰りにモチーフ探しにデパートへ。
地下の干物屋で数々の魚介類の干物を見てモチーフ決定。
描き終わったら晩ご飯になるし。
一晩で描き上げて腐食し、会社帰りに刷りいって作品完成。
これまでの最短記録。
ソフトグランドという技法のおもしろさに助けられました・・・。
でも、作品自体は気に入ってます。

お近くの方はお立ち寄りください!

作品は展示終了後、ご紹介いたします〜。

スペードとクローバー [銅版画]

平日のこんな時間に家にいれるなんていつぶりでしょう。
テレビみながら日本酒をちびり。あ〜、幸せ。

さ、昨日の続きです。
スペード.jpg
「スペード」

過去に作成した銅版画を刻んで張り合わせました。
ほんとはもっと計算してきっちりそろえたかったのに、さぼって適当に切ってたらガタガタになっちゃいました。
ハンダで固定するときにずれたのもあるし。
まぁ、それも面白みってことで。

そして、今回最後の作品
クローバー.jpg
「クローバー」

これも過去の作品に上書きした作品です。

ってな訳で、この2作品のコンセプトは「銅版画の再生」。
銅は貴重な資源。
それを一度刷っただけで眠らせるのはもったいないなーと思い、再生できないかと無い知恵をしぼった結果がこの2作品。
うん、このテは今後使えるな。

今年の銅版画作品はこれでおしまい。
また来年末をお楽しみに!

ハートとダイヤ [銅版画]

「銅版画集2009展」が浦和のコバルト画房で開催中です。

展示中のワタクシの作品を2回に分けてご紹介します。
まずはこちら。
ハート.jpg
「ハート」
トランプシリーズを作成するきっかけとなった作品です。
薄い銅版を折り曲げ、伸ばし、曲げては伸ばし。
そうして出来た偶然のでこぼこがちょっとおもしろい模様になっています(と思います)。

そして二つめ。
ダイヤ.jpg
「ダイヤ」
これは薄い銅版をヒモ状に切って編み合わせたもの。
これも新たな・・・というか初めての取り組みでしたが、作っててなかなか楽しかったです。

この2作品の面白いところは立体感(エンボスのような)があるところ。
画像では伝わりにくいですけど。
そして、刷るまでどんな作品になるか解らないところも面白いんです。
刷り終えて紙と銅版をはがすときのわくわく感といったら・・・。
プレゼントを開けるときのような喜びがあるんです。
イイ作品が刷れた時だけですけど。

次回、残りの2作品を紹介します!!

銅版画展覧会スタート! [銅版画]

11時にアトリエ集合、展示準備スタート。
13時から開幕。
P1020162.JPG
調整の結果、今回作成した4作品とも展示していただくことができました。
P1020163.JPG
4作品そろってこそのの作品だったので喜びもひとしお。
27日まで展示されています。
23名の個性あふれる銅版画作品が一同に介しています!
銅版画の奥深さに触れる良い機会ですので、是非とも足をお運びください〜。
ワタクシの個々の作品の詳細については、今後、このブログでご紹介させていただきます!

展覧会 [銅版画]

展覧会のご案内。

まずは、お友達のタカハシカズエさんの「現代女流絵本作家5人展」
すでに始まってて12月7日まで。
東京都中央区銀座1-18-2 銀座太平ビル1階 バートックギャラリー にて。
タカハシ展覧会.JPG
市居みか・とりごえまり・松成真理子・山田詩子 さんたちとの共同開催のようです。
こりゃ〜、行かねば。

そしてワタクシ豆腐小僧。
12月13日から27日まで。
今回はいつも作品づくりをしているアトリエのある浦和の「コバルト画房」店内での開催のため、展示数は一人1〜2枚ですが、長期間展示していただけるのです。
13日は13時から。この日はオープニングパーティーもあるので、アトリエにいます!
2009展覧会.JPG

肩の荷が下りる。 [銅版画]

昨日は一日銅版画制作。
今日は午後から刷りの作業を行いました。
その結果、無事にすべての作品を刷り終えることができました・・・。
2ヵ月くらい前から頭のどこかに「作品、どうしよう・・・」という気持ちがあったので、これで一つ肩の荷が下りました。
部屋もちらかりほうだい。
091129銅版画2.JPG
まだ平日は仕事が忙しいので、片づけは来週末か・・・。
出来た版はこんな感じ。
091129銅版画1.JPG
紙に刷ったものも、なかなかの出来です!自分がいうのもなんですが・・・。
作品は展覧会がスタートする13日から順次ご紹介します!!
今回の作品はテクスチャーがおもしろいので直に間近で見るのが一番なんですけどね。
それでは皆さん?お楽しみに!

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。